FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

だれがやる?

「私がやる」

変わらない姿勢でいるからこそ

「学びと成長があるもの」

あなたの代わりはいる

「では、あなたでなければならない理由は?」

やった分だけの

「土台に立つ」

望みは

「いま前進すること」

問題ととらえれば

「とらえ方の問題 課題ととらえれば可能性の問題」

流れは次を感じながら

「相手を感じながら」

スムーズな状況対応ができる

「身体づくりと心づくりを バランスよく」

今日も

「信頼に精一杯応える」

他人さまを活かそうとする前に

「自分を活かしきる」

大きな達成には

「小さな我慢と小さな努力がいっぱいつまっている」

おなじ失敗を繰り返さないように

「ビジョンは明確にカタチにして色づけして」

内がわの小さな声を

「聴いてあげる時間をつくるのも予定のうち」

覚悟は

「すべてを変える」

長所は素直です

「だれもがもつこの長所を忘れず
       自身が存在することに誇りをもって」

昨夜は20年来の友人と語らい合う心地よい楽しい時間を
もらえました。

20年経っても変わらないなと思える自分たちに感じたそれは
もしかしたら相手への変わらない第一印象や、そうあって欲しい
と願う何かだったり、結果それは自分の鏡ならば何を自分自身に
期待として求めているのかを具体的に感じることができた時間に
なりました。

いづれにしても今を楽しく満喫できたということで笑

あてにするから辛くなる

「自ら望むから勇気がみなぎる」

新しい一日は

「すべて新しい それを忘れちゃいけない」

選んだのは自分

「今は途中」

新たなチャレンジが

「変化させてくれる 変わろうとしなくても」

イメージが具体だから

「現実化する」

意志のあるところに

「人は集まる」

今日真剣に挑むから

「明日も全力で挑める
力を出し切る習慣が大切」

必要がわかるから

「不必要もわかる」

他人さまから

「今、何を求められているかはわからない
   でも、その他人さまの気持ちに
             寄り添うことはできる」

小さなものから大きなものまで

「夢がいっぱい」

できることしか

「できない だからできるように積む」

終わりに向かって始まる

「ならば私は終えかたにこだわる
なぜならそれが次の始まりだから」

すべて出し切ったあとに

「あらたなチカラが身につくもの」

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad