ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

転びそうになるときこそ

「次の確実な一歩が無意識に踏み出せるとき」

金太郎飴のように

「どこを切っても自分らしく」

我慢して

「夢は本気で語れない 
    夢は素直な気持ちで
        自分自身に語るもの」

私は走ることが好きだ

「だから走る 
  そんなシンプルなことを
        知ること思い出すことが
                次の自分へつながる」

良し悪し、善悪、好き嫌い

「自分にあるところは他人に見えて
  自分にないところは他人にも見えない
     素直に謙虚に受け止めることに学びもある」

夢があるから

「考え 夢がないから悩む」

最終ゴールイメージが

「具体だがら 今日のスタートからゴールまでが具体」

アイディアは

「単発で試さず オペレーションに組み込み試す」

時間は

「待ってはくれないけれど
   体内時間はコントロールできるはず」

目に映るものすべてが

「お蔭様」

やらない言い訳は

「昨日までの過去の習慣
   挑む理由は
     今日から未来への習慣」

志事は

「自分らしさを創る」

準備をしくじるとは

「しくじる準備をするということ」 

ドン・ウィンズロウ著書“犬の力”より

犬の力 上 (角川文庫)犬の力 上 (角川文庫)
(2009/08/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る

苦手はいっぱいある

「でも 唯一の得意も知っている」

真っ直ぐに

「伸びることをあきらめない
          植物でも知っている」

お話を聞くだけでは

「デザイン提案はできない
  その一人の相手を感じなければ」

おもいっきり

「ジャンプするため それが今日やるべき準備」

頑張ることが

「刺激なのではなく
   達成感を得ることが
        次への刺激になる」

弱さを隠すために

「強がりという鎧をまとわず
   努力という筋肉をみにつける」

誰もが持つ石

「感性という磨けば光り続ける石」

習慣の音符が

「一日のリズムを刻む」

楽しめるのは

「素直にそれと向き合うから」

夢を叶えるには

「勇気は必要だけれど
    夢をもつのには
      勇気と“ねばならない”は不要」

夢は大げさなものじゃない

「ワクワクニコニコ
        してしまうものだから
  夢を想ってクヨクヨ
           することもない
  心を素直に開放
           することだから」

ポジティブっていうんじゃなく

「たどり着くまでは折れない覚悟があるだけ」

自分の弱みを

「受け止め受け入れることも未来への大切な準備」

難しいから

「楽しくて
上手くいかないから癖になる
それが夢や目標なんだと思う」

難しく考えすぎるときは

「“素直”って言葉と
    “謙虚”って言葉の
         意味を見つめること」

物足りなさを感じたときは

「殻を破るとき 
    達成感を感じたときは
          核心を見つめるとき」

サービスはされて嬉しいことを超えて

「最幸のサービスは目に見えないけれど
     いつもどこかに安心を感じさせてくれる」

 | HOME |  »

Calendar

« | 2012-01 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad