FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

ヒット曲は

「過去のもの 

  歌詞も曲調もサビも そのときの
   いろんな旬と イレギュラーなおまけを
      ミックスして 出来上がったもの

  時と同じく あなたも今を流れていのです
   だから 今日思いつくリズムは 
    その積み重ねであっても
      過去の引き出しのなかにある
       セピア色のそれではないのです
 
   真っ白な紙に 今日も作詞作曲しましょう
     
    ヒット曲を創るためではなく
              最幸の今を奏でるために」

どんなときも

「どうにかすれば できる

  魔法のアドバイス
   
   “あなたならできる”

   答えを出してあげるのが
       アドバイスではなく

     そこに導く前に
       そこに目をむけてもらう前に

    目の前に“あなた”という
      鏡をそっと置いてあげる
        自分の姿や中身が消え始めたら
           そこから問題は解決しはじめる

              今日も “あなたならできる”」

他人の長所を

「コピーする
  メールの回答
    間のとりかた
        聞きかた
   あなたがホッとする
     あなたがほんわかする
       あなたがキラッとする
         それをコピーしよう」

周りのトラブル

「それは 他人事ではなく
  いつか訪れる あなたの課題に
   
   あなたのトラブル それは
    いつか他人に訪れる あなたの出番に」

望んだだけ

「高く飛びたい だから 
  かがむときは こん身の力をためる

 飛びこえた先の 景色がみたい 
   
   きっとその先にも 
       新たな望みが
          みつかるはずだから」

下をむいて

「足元ばかりを気にして歩くと
   振り返れば クネクネ 蛇行するもの

 顔を上げて
    向かう先を眺めながら歩くと
        スッ と真っ直ぐに進めるもの
  
      途中の景色もまた楽しめるのです
 
  走ったり 歩いたり 
      歩調にも変化をつけられるのです」

あれもこれも

「やらなきゃー キャー! 
     
     といっぱいにならず
     
   あれとこれとそれもやろう!
  
        オウ! とやりこなそう」

元気に

「電話を受け取ることや
     笑顔のご来店の挨拶は 
   
  滑舌よく口角を上げる
     素敵なトレーニングになります
  
   今日も店内に
      最幸の音とリズムを
               刻みましょう

    外まで響きわたるような
              あなたの音色を」

似合わせる

「秘訣はよーく観察すること
例えば 今日の洋服の組み合わせやフォルム
例えば 首もとのアクセサリーと襟元のラインと首筋
例えば アイラインとリップカラーと頬のライン
例えば イヤリングとネックレスのムード
例えば パンツ、スカートと靴の形や色
例えば バックのカタチと洋服のテクスチャー
例えば ヘアのボリュームと靴のボリューム
例えば お肌の色とお話のしかた
例えば 目の大きさと口元の大きさ 
例えば 姿勢や歩き方(ほんとか?) 
   
  例えれば きりがないけれど 
         自己表現のなかには
     たくさんのヒントが あるということです」

目の前の

「お客様との対話 お隣のお客様との対話
  内容も 性質も リズムも 全部違う
 
 いったん離れて また戻ったときに 同じところから
  Re:スタートすることは 案外難しい
 
   でも ムード(空気の流れ)を覚えておくと
     意外と いけるもの
  
     ただし “いつものムード”と感じるのは
       そのお客様の基本的な印象
      
      どのお客様も“今のムード”は違うから
        決め付けてはいけないし
          それでは せっかくの今を楽しめない

        空気を読むとは 
          Re:フレッシュなムードを感じること」

お役に立とう

「と思っても お役に立てた
      と思えることなんて
     なかなか あるものじゃありません」

でも、今日営業中にウルッと涙がでそうになりました。

というのは先日の学校訪問で授業させていただいた先の
先生からお礼にとDVD、お手紙、そしてこの手作りの
しおりを戴きました、まだおとといの出来ごとなのに。

100821_173806_convert_20100821174312.jpg

お手紙の後半にこう書かれしめくくられていました。

「私は今回の授業を通して“身だしなみを ととのえる”
こともそうですが “いろんな職業がある” ということ
も感じさせたいな...と思っていました。
“あんな風になりたいな..” とか “こんなふうに
きれいになってあんなことがしたいな”とか。
将来について、あこがれの気持ちをもち、だから“よし!
がんばるぞ!!”と明るくすごしていける..。
そんな子が一人でも多かったらいいな..と思いました。
子どもたちの笑顔や感想を目にしたとき、本当に来て
いただいてよかったなと思いました。ありがとうございました」


職業問わず人と関わることの難しさのなかから、小さく
些細なことからでも相手にとっての喜びにつながる何かが
伝わることもあります。
もしかしたらそれが心をいっぱいに大きく満たすことの
きっかけになるのかもわかりませんがお手伝いはできる
のではないだろうか、そう思います。
彼らを支える先生方の想いが伝わることを私も願い
祈っております。


感動をいっぱーい頂きました、そして大切な宝物も
みっつも増えました。

ありがとうございます。

慌てなくてよいこと

「身に付いたことは いろんなシーンで
 実感を得て 心の中にいくつもの
   層ができあがります
  
 層は木でたとえれば 幹や枝 
   少しずつ層を重ねることで
     太くたくましく育ちます
  
 大小の葉が元気いっぱいに育つのは
   根が太く深く長くのびているから

 雨に降られても必要な水分をえて
  風に吹かれて揺らいでも根はぶれず
    陽射しから大切な栄養を吸収します

 私たちもおなじように一日一日から学びます 
  だから 慌てなくてもよいのではないでしょうか」

スキンシップ

「脳で感じる前に 肌から伝える」

今日の学校授業はそんな感じのお勉強会になりました。

生徒さんたちは黒板に向かい扇状に机を並べ着席します。

立って眺めると小さな子ども達の座る椅子と机が
あまりにも低く見下ろす感じになります。

生徒さんとの距離がちょっと遠いなと感じて、黒板に
貼り付けている絵をみんなの前まで持っていき、努めて
わかりやすく短いことばを選んでお話し始めします。

頭をこする方法を伝えるときはしゃがんで一緒になって
こすったりドライヤーで乾かす方法を伝えるときは
暑かったので冷風をお顔全体にあびせて遊んでみたり
タオルで拭きとるときは、一緒になってゴシゴシ
やってみたり...

そうこうしていると、普段お店に来る子ども達との
やりとりに似たリズムと空気感にかわります。
それは先生方の子ども達や私への配慮がゆきとどいて
いたからに他なりません。

楽しかったー 子ども達の笑顔がキラキラしてた...

見送って下さった先生が最後に仰っていました。

「ことば以外で伝えることが本当に大切ですしそれが
なにより難しく私たちの勉強になります」と。

伝えに行って 教わってきました。

“霧中” 見えない不安は

「“夢中”が一掃してくれます
  
 モヤモヤ モヤモヤ は 
      夜霧がたちこめる
         景色のようなもの
 “夢中"は
    朝霧の向こうに陽射しが
       柔らかく照らし包みこむ
             景色のようなもの」

明日の残りの準備をしています。
いろんなアイディアが一つひとつカタチになる
過程は朝霧が晴れていくそれに似ています。

当日はアドリブですが(笑)

手を合わせて

「お祈りする機会はそうありません
     心で会話 時間を忘れた会話」


朝6時に札幌を発ち 襟裳 → 足寄 → 美幌 → 斜里
そして置戸に着いたのが18時。

手を合わせていろんな方々へ一方的なお話をしてきました。
そこから望む景色は素晴らしく私の心も清められたのでは
ないでしょうかね。

一年に一度の縦断ツアー 365日もあればたった一日くらい
その方々から頂いた言葉を想いおこすのも良いとおもいます。

節々を大切に

「最幸の昨日を
  最幸の明日につなげる
    今日をそんな最高の一日に

 昨日の目標は達成しました
        “つなげる”
          さて今日の目標も昨日と同じ?
      同じでもOKです!
  カレーも翌日は最高に美味しいのですから!??

    ただしあなたのちょっとした
         スパイスを昨日に加えます


   心地よい対話が目標なら 
         もっと対話を滑らかにしてみよう とか
    タイミングの良い事前準備なら 
          準備は二つ同時にやってみよう とか
      元気な笑顔なら      
              優しく微笑んでみます とか
   気持ちよい電話応対なら 
     お客様のお名前を 最低2回は入れた対応 とか

         工夫は進化の素! 今日の節!

           今日をスパイシーに過ごしましょう!
            
            今日を最幸の昨日にするために」

出会いは

「メッセージ

  この時を あなたらしく 満喫する

  そうあることで
       メッセージを受けとる
              扉がひらくのです」


100815_010134_convert_20100815140909.jpg



19日に札幌近郊の小学校の特別支援学級で90分ほど授業を受け
もちます。

授業の内容は 「身だしなみを整える(洗髪の仕方、髪のとかし方他)」
です。
髪のぬらし方からシャンプーの方法、髪の乾かし方までをお伝え
します。
まだ未完成ですが、この絵を活用します。
が、実は授業内容の“他”の部分に大事な裏テーマが潜んでいる
のです。


題して 「髪の毛あそびー!」 Yey!

生徒さん皆さんの髪の毛をクルクル巻いたりシャッキーンと伸ばしたり
フワフワまとめたりツンツン立たせてみたりと、子どもたちの未体験
遊びを一緒にしましょう!
というのがこの日いちばんの目的なんです。

担任の先生は私のお客様で、お越しの際に「彼らの自己表現の手段」
について何となく聞いてみたところから、この企画をやってみよう
ということになりました。

笑顔をいただけるかわかりません、ドキドキもします。

でもこの一緒のときを満喫したいと思います!

遊びも仕事も

「真似が オリジナリティのはじまり
  
 真似を繰り返すと その意図を理解しはじめる

  あなたの意図との コラボレーション
 
    さすがだなー とか 私ならここを...とか
      たくさんのヒントに出会えます

      そこからの組み立ては あなたしだい

        真似は 尊敬と可能性の泉

          心と頭を静かに潤わせる行為です

 
   だから 恥ずかしいと思わず よーく観察しましょう
  
     ワクワクイメージは 広げなくても 拡がるのですから」

あー 恐い 怖い

「挑む心 を
 忘れていたことに気付くことがあります
  それは 守っていた のかい? 
   と 思考をめぐらせてみれば
     そうではないことにも気付きます

 挑む心 と 守る心 は 表 と 裏 ですよね
  毎日 立てる行動目標が
   直接長期目標につながらない
    こともあります 土台の基礎作りのときなど

 そこで イメージが大切 そのイメージとは

   自分の立ち位置から
    すべてが扇状に広がるイメージです
      目標は扇の先に広がるのです
     
     真っ直ぐに目標に繋がる一本の線でも
      もちろん良いのです

 ですが 感動 は星の数ほどあるのですから
   その 星は 線上の 点 でなくとも良いのです

 立ち位置から広がるそこに
  たくさんの星がちりばめられています

  
 全部 ぜーんぶ掴み取ろうじゃないですか!

    欲張りましょうよ 欲張ってよいのです
      だって 一人 じゃないのですから

    毎朝 目標確認 今日も 挑みましょうね!」

誰でも かれでも

「郵便配達のお兄さんへも
  宅配便のおじさんへも
    メール便配達の女性へも
      電気検針の女性へも
        飛び込み営業の男性へも
          取引先の営業さんへも
            買い物へ行った先の店員さんへも

 当店へお越しの皆さんへ お会いした皆さんへ  こんにちは! 
          そして 
   次のお仕事へ向かう背中に ありがとうございます!

     頂いた 元気と 勇気を 心こめて おかえしします

        何かが変わるんです 何かが起こるんです かならず」

同じような道を

「通れば 
  後に通る人の
   ワクワクやドキドキする
    気持ちはなんとなく理解はできる
     
 でも 経験の受け止めかたは違う
      活かし方も違う 
        乗り越えかたも違う 
  
  でも きっと進む意志は同じ
       きっと自信を得るのは同じ
         きっと輝くのも同じ」

お客様へのお手紙は

「あれこれ形式に頭を悩ませるより
     思いやりる気持ちをそのままに
       お顔を浮かべて お伝えしましょう

 何度も名前を書くことで
    お客様のフルネームが
       頭の中に活字となって残ります

 お客様とのささやかな会話の中の
        お客様のおっしゃった
          素敵な言葉も心の中に
              印象深く残るものです」

そうそう これなの!

「私が伝えたかったことって!
 
  お客様から頂く この言葉に出会うと
    とても嬉しくなります それとともに
      少しだけホッとします

今日も出会えるかどうか わかりませんが
  精一杯やることで それに近づくはずです
    相手を感じようとする その行為が
      相手に伝わるのですから

技術であって 技術ではない 
  伝える手段、方法として 
    共有するために必要な技術 
      そのようなものかもしれません 
          だからこそ それを磨きましょう」

お掃除

「おうちもお店もキレイにしましょう

  きれいに掃除をする訳というよりは
       きれいに掃除をすると得られるのは

 ピカピカの店内はもちろん 清々しい空気ももちろん
          元気に お仕事ができるのももちろん
      
  ですが なにより隅ずみまで丁寧にすることで
          その場所に対する愛情のようなものや
                そこにあるものにも感謝できること
 
    大切なのは 
       ささやかな気付きを毎回得られること
                  その気付きが習慣になるんです

     いろんなことへの気付きは
           毎日のその掃除から得られる
                      素敵なことですよね

       そして自分自身の心を
                 くもらせず
                  ピカピカでいる行為なのでしょうね」

できる前提で

「はじめる 
 どうにかすればできる
   そのヒントはお客様のなかにあるんです
     そして お客様のご要望は具体的ではないのです

お客様の中にあるのは
      ニュアンス ムード またはイメージです

さっそく お客様の頭の中をのぞきましょう
       その探検からヒントを発見するのです
             その 小さな 小さな あるものを

だから NOというのは探検をしないということなのです
       YESというのはその探検をご一緒にしましょう
                          ということなのです

  できないかも と思うことのないように
        なぜなら 冒険を一緒に楽しんだ仲間を
                   お客様はずっと忘れませんから」

誤解

「話の流れを読んだつもりで
      先回りして誤解を受ける 与える
      
   そんなことたまにありませんか

 大切なことは結論だけではないのです
    1からはじまって10でたどりつく
         経過に話の サビ があるのです

答えの出しかた 求めかたは
       何百通りもあるじゃないですか
   
  その人の サビ は
    勇気を出したところ
      気付きを得たところ そして
         あなたに伝えたい何もあるのです
            勇気と気付きを称えましょうよ
              その人を全部で感じましょうよ      
          
         メッセージは

             結論以外のところにあるのですから」

100806_154650_convert_20100806155045.jpg

今朝の朝礼は久しぶりに外で行いました。

空の青空と雲を眺めながら 大きな声で3ポリシー、3スピリッツ
を唱えます。

空の雲の向こうまでとどけー!っていう爽快な気分になれました。


「今日は外で朝礼やりませんか?」


きっかけを作ってくれたのはアシスタントスタッフです。

彼女が言わなければそういう行動をとることも無く普段どおり
店内で行っていたでしょう。

たったその一言で変わる たったその一つの行動でその後が
変わる。

なんて簡単に人は変われるものなんでしょうかね。


ありがたいです

頭の容量

「心の容量 
  いろんな情報や出来事を処理しても
     容量オーバーでパンパンになると
      動きがにぶくなり循環しなくなります 
       大切なこと 最優先なこと 密かにしまっていること 
   
 すべて機能しなくなる...さあ大変!
  どうする? 容量を大きくするか?→ 時間がかかりそう...
   風船のように広がるようにする?→はじける恐れがあります
    編み目にしてこぼれもよくする?→大きなもの以外流れます


 そうです、流れてもよいのです むしろ流しましょう
  必要なものは流れません 大きくなっていますから
   流すときに大切なことばをお忘れなく “お願いします”」

自分のなかに

「新しいキャラクターが増えると
   他人からはそれが
       奥行きになってみえるもの
             ますます目が離せないもの
 全キャラクターの
      思考・行動が光となって
               あなたをますます輝かせる」

応援は

「手助けではありません
  その人が諦めかけているのなら
       そうだ! まだできることがあぞ!
           に気づいてもらえればよいのです
 だからあなたが
   ピンチってなんて楽しいんだろう!
        といつもワクワクしている 
           その姿を見せてあげるのではなく
  いつもワクワクして挑んでいることが
        結果 仲間への最幸の
            応援メッセージとなって届くのです」

ほら そこにも ここにも あそこにも

「あなたの 出番がある 
  大きな出番でなくともよいのです
        むしろ小さな出番をつくりましょう
   誰かの期待にこたえる出番ではありません
        あなたの期待にこたえる出番なのです
                 小さく 小さく 半歩 半歩 」

 | HOME |  »

Calendar

« | 2010-08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad