FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

流行語ではない

「最高のホスピタリティ...
   行動であって言葉ではない
     感じることであってカタチではない
          姿勢であって売り物でもない
            自然体であってマニュアルにはない
              等身大のおもてなしからはじめよう」

気持ちにゆとりを

「今日のスケジュールを全てこなせば今日は終了!
              大切なのはスケジュールコントロール」

親から譲り受けたことの一つ

「“無理”ということは言わず
        “無理”と言われれば心が弾む」

過去の時代が

「どんなに良かろうと悪かろうと
    喜びに溢れようと愚痴にまみれようと
                   今を活き抜く」

頭のなかだけで覚えた

「引きだし 時々開けないと無くなってしまう
     行動から身につけた引きだし いつまでも残り続ける」

表現の選択に

「これしかない!は無い 一流は常にそれ以上を自分に求めている」

できる

「の裏づけノートにいっぱい追記してワクワクしよう
             裏づけノートは宝探しの地図だから」

経験という

「無形財産がカタチを創りはじめる
     だからそれに一喜一憂せずどんどん先へ進もう」
09-23-07_1132.jpg

自分が

「感じた痛み でも相手にはそれ以上かもしれない」

無駄!って

「やっている時に判断しない」

降水確率を

「操作することは不可能でも
   自分のそれくらいは簡単に操作できるはず」

やっている

「つもりは積もって覆いつくす幻想的な雪景色のよう
      やるは積み重ねて登る光眩しい階段のよう」

メイク同様

「ベース作りは派手じゃない 丁寧にそして丁寧に」

決意すると

「心が熱くなり全身を炎で包みこむ
          決意は凄いチカラを持っている」

ismのスリースピリッツの一つ

「めげてる暇はない」

これを皆で考えた合宿の時を常に振り返られるので、社員全員で
方針を決めることはとても大切です。
その時を懐かしむためではなくこれからの自分達にとって必要な
決意だからです。

豊かさは

「見えるものより心で感じるものを大切に」

幸せな

「ひとのまわりに幸せなひとが集まるのは
    “ありがとう”という幸せを運ぶカケラがいっぱいあるから」

想いを

「受け止めてくれるその人がいることに感謝でいっぱいです」

一緒にやろうよ!

「先輩だからやらなくていい理由は無い
   後輩だからやらなければならない理由も無い
     ただ、夢中なその姿は先輩も後輩も最高に輝いている」

自分

「ルールはその人の“格”=“核”を創りだす」

信頼も

「育むもの」

チーム

「大切なものの上に心を重ね合わせる」

どんな技能、個性を以ってしても

「人は人によって活かされる」

自分磨き

「無いものは磨きようが無い 有るものを磨き続ける」

やりたい事?

「もうやってるはずだよ」
06-05-07_1739.jpg

大阪ミナミのちょっとした風景

少し前に、大きな下町大阪へ帰りました。
鼻につく匂い、えみちゃんねる、洗練されすぎない街並み、他愛
無いが大げさに聞こえる無駄話、店先を寝床にしているホームレス、
大汗かきながら食べるたこ焼き、ビールはかどる吉風の餃子、メール
よりも対話が大切と思わせるおっちゃんとの笑い話、どれもが私を
居心地良くさせます、そして誰もが自分を生きているようにも感じ
させます。

着飾らないありのままでいる、そして「ありがとう」が飛び交う街
それが私の第二の故郷です。

一日一日の

「目標達成が10年先の目標達成の近道」

目線を

「合せるだけではなく その目線の先にあるものをイメージさせよう」

私もたくさん経験していますが

「想いは伝わる 距離は遠くも心は近く」

遠くの人へ

一日は

「のんびりではなく穏やかに」

カタチのあるものから

「たくさんのヒントをもらえる
      なぜならたくさんの人の想いの結晶だから」

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad