FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

優しく

「接すると優しくしか返せないもの」

プランもトラブルも

「まずは仕訳から」

手を差し伸べる

「小さな優しさよりも見守る大きな温かさ」

今日一日の

「スケジュールをやりきる!その小さな積み重ねが明日を変える」

100%の

「夢を叶えようと努力すると80%の達成
      ならば120%の夢への努力は100%達成するはず」

夢を

「細かく細かく描こう」

やる!の

「決意が表なら全て受け止めてやる!の決意は裏にある」

迷ったら

「目先を変えてみる ゴールは変えない」

積み重ねる

「努力は貯蓄預金 必ず貯まる」

必然と

「感じる人との出逢いにも感動するけど
   “毎日”の身近な本や音楽、景色、香りとの出会いにも                         大きな感動があります」

外見と違い

「心は着飾らない」

他人と自分を比べない

「比べるのは今の自分と未来の自分」

楽しむ方法

「目の前の一つ一つに集中すること 充実するのだから」

新しい

「何かを求めることより今あるものを最大限に活かす」

少数の時は

「長所を極め最大限の個性を発揮する
           取りこぼしは後でも拾える」

一時の

「後退は満潮前の引潮のようなもの」

耳を

「澄まそう 全てがメッセージに聴こえる」

問題は

「起こった事の向うにある根本を見直す」

肩のチカラを抜いて

「教えようと意気込むと引き潮のように伝わらず
   囁くように伝えると満ち潮のように興味を示してくる」

自分ルールを毎日一つ

「~する、なぜなら~だから」

今から自信を持つ方法

「語尾を“思う”→“です”に変える」

いいお店からは

「程よく心地よい緊張感がもらえる
          だからいつまでも良さは変わらない」

いつもキレイで気持ち良く

「何年経っても綺麗なお店は
             毎日が大掃除」

一日の終わりは

「“疲れた~”よりも“今日も頑張ったね”」

話に

「花が咲く!=楽しい会話!
         365日花を咲かそう!」

接する

「お客様は毎日違います
  お客様にあわせた自己表現(心遣い)
           をすることは当然のことです
                   感受性が磨かれます」

必ずなりたい自分になっている

「昨日は今日を創り、今日は明日を創る」

体感してみる

「傘の下で雨をしのぐのも一つ
     雨の冷たさや心地よさを知るのも一つ
       自分で開いた傘なのか人がさしてくれてる傘なのかも」

お客様に

「眩しいくらい最高に輝いてもらいたい
    そうするといつの間にか輝きの輪に入りはじめる
         輝きの輪に囲まれる生き方は素敵かも知れない」

 | HOME |  »

Calendar

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad