FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

今日は私のHAPPY DAY!

「四十にして惑わず」
自分を信じ想いを実現するための例え。
20-04-07_1712.jpg

休日のスタッフが先ほど持ってきてくれました。嬉しいです。
ですが、プレートの「けんじくん」って...40歳ですが(汗)

40歳の誕生日は生まれてから14610日。食事は14610日
×3回=43830回
生涯を80歳で終えるとして8万回の食事をすることになります。
さあ!4万回の美味しい折り返しを楽しみましょう!
昨日、友人達とバイクを出しに行った帰りアサヒビール園へ行って
ジンギスカンを食べてきました。ご飯の大盛りを3杯食べて満腹
です。友人から40になってそのご飯のお代わり3杯はないわと
あきれられるくらい大のご飯好きです。今でも昼ごはんに米2合食
べてます。昔貧しかった頃、母はトマトとご飯、私は近所でもらった
キャベツを炒めてそれとご飯。暖かい炊き立てで湯気の立つ艶のある
米は甘味を感じて美味しくおかず無しでもいけます。「肉」という食材
を知ったのも小学校低学年の遠足で友達のザンギをもらって食べて
から。この世にこんな旨いものがあったのかと感激して早速家に
帰って母に伝えました。母は今で言うベジタリアンというほど上品
ではありませんが肉が苦手でした。それで私も知らなかったんですね。

誕生日には数々の感動するプレゼントを頂いてきました。チャーハン
を職人のように鉄のオタマで作りたいとお客様に話していれば中華鍋
セットを。パスタ作りがマイブームと知ればパスタ鍋と業務用ソルト
や美味しいアンチョビ。フェラーリグッズに凝っていればPUMAの
限定フェラーリモデルを取り寄せてくれて。他、浴衣やバッグなど
など今、身に着けているもの全てといって過言で無いほどに沢山の
プレゼントを頂いてきました。数年前のこの日、出張で大阪に居る
ときも誕生日にわざわざ飛行機に乗ってホテルまで駆けつけてお祝い
してくれたりと...言えばきりが無いほど最高に嬉しい感動を
頂いてきました。

先日、その時のスタッフからメールが届いていました。「お誕生日
おめでとうございます。今NYにいます。今までお世話になって
本当に有難うございました。ismで学んだことを糧にこれからも
頑張ります。これからも橋本さんのismを大切にして下さい」と。
うかつにも朝礼前それを読んで涙が止まりませんでした。私も今年
に入ってから、割り切ろう割り切ろう、これの繰り返しだと。ずっと
我慢していたのでしょう。恥ずかしながら顔がグシャグシャになる程
に泣いてしまいました。
20-04-07_1233.jpg

そして今日の深夜0時を過ぎた頃にスタッフからバースデイメール。
早朝にもメールを。スタッフから頂いたのは写真のismkenjiのロゴ
の入ったTシャツ。皆もお揃いとのこと。
「このロゴをこれからも忘れないように」と。またしても涙腺が緩んで
しまいました。
20-04-07_1232.jpg

素晴らしく人を感動させる心ある憎い奴等と一緒にいられること。
そして39年間そのような数多くの仲間と出会えてきたことに心から
感謝しています。不惑の40代を駆け抜けます。

「人を許す心がなければ、自分をも許せない
未熟な自分を素直に許せば、人も許せてその出会いに感謝できる」

大切な

なおもちゃいじりをしている40代の少年達です。
19-04-07_1119.jpg

昨日は友人達のそれに付き合いました。(画像たっぷりです(笑))
空が薄いブルーに染まって心地よい程度の重さを感じさせる濃い
白雲が夏を待ち遠しいかのように現れ浮かんでいます。
時間を忘れる一日でした。
札幌近郊の町へ行きました。生まれ故郷の斜里に似た畑が一面に
広がってややフラットな春の黄緑色の地平線が雄大です。
19-04-07_1111.jpg

そこにあるガレージでバイクのメンテをして出すまでを眺めていま
した。真剣な表情で大切でデリケートな彼女を愛しむように、説得
しているかのように慎重に機械いじりをしている少年達を眺めて、
こんなに没頭できるそれがあったかな?と今の自分に少しだけ空しさ
を感じつつガレージの隅でしゃがんで観ていたり傍でわからない
ながらも参加しようとウンウンと頷いてみたり「オトコの趣味」を
観察してきました。
2台とも逆輸入車なので大きすぎで4人がかりでガレージから出して
太陽の下にお披露目します。下は私の愛車とのツーショット!
19-04-07_1248.jpg

19-04-07_1221.jpg

何か一つに発揮する力は他の「それ」にも活用できると社員に伝え
続けてきました。勇気を持たせるために。
しかし、最近それは少し違うんじゃないかと。「それ」に対する「実現
させようとする想い」が今まで無かった力を育ませ実現に近づけるので
あって他でもないということ。そして何よりも、本人が他のそれを
自分に必要な「それ」に置き換えたときに過去の想いを感じるはず
だからです。私はこれからも自分の「それ」らを通して自分磨きを続け
て魅力溢れる自分作りをしていきます。
「将来の可能性」というそれが唯一後輩に伝えられることです。

「仕事も趣味もワクワクが大切」
19-04-07_1218.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad