FC2ブログ

ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

昨日は、午前中休みが取れたので

束の間の休日を堪能しました。
贅沢なランチを求めて小樽の先の忍路(おしょろ)にあるエグ・ヴィヴ
へ行きました。こちら市内のレストラン、バー、ホテル等にも卸して
いる有名パン屋さん。ロデヴのフルーツパンが私のお気に入りです。
この場所で眺める景色も素敵です。次はブランケットと暖かいコーヒー
そして素敵な女性持参で来ましょうか。
20070329121825.jpg

道内のお客様の動向、傾向、趣向はますます「自身の価値基準」
「目的意識」をはっきり持つようになってきています。口コミも最初
の1、2回が限界。その時間の中で自店の「価値」としているものが
お客様の要求に見合うものなのかが問われます。
私も仕事時間以外のプライベートはどんなに遠かろう近かろうが
「それ」を求めて行動します。人の流れがそこにあろうと所詮は点と
点を結ぶ細い線にしかなっていないのが現状のようですね。余談です
が名古屋市民は昔からそのような習慣と時間軸で生活しているよう
です。シビアですね。「街に行く」そんなコトバが死語化している
のも、街の本屋さんが軒並み閉店しているのもそんな北海道独特の
時間のゆとりと「あいまい」な目的が無くなりつつある現れでしょうか。
また、六本木にオープンしたリッツカールトン東京のようなプレミ
アムフルサービスなホテルの予約が殺到しているのもその顕著な
現れかもしれません。
20070329122027.jpg

しかし時代を掴む逃すことで勝ち組負け組を判断されやすいですが、
エグ・ヴィヴの毎日のパン作りのように変わらない美味しさを持つ。
その美味しさの原点は機会あってそれを食べるお客様の笑顔かも
しれません。プロ野球の選手でもない、スケートの華麗な回転が
あるわけでもない。華やかさこそ無いですがどのような職業人にも
そこに「信用」や「期待」が生き続けます。私の思う「職人」は、技術職
に限らずその職業に徹し貫く人たちのことを指します。
私も一美容師として永くそのように在ることを自分に求めます。
心揺れずに変化を楽しめる。そんな職人を育てるには、まず本人に
酸いも甘いもを体感させ自分の力で乗り越えさせる。それが一番
の醍醐味と力の糧、それこそが得難い財産になるはずです。

最近はお若い方で

白髪が目立つお客様が増えています。
当然のようにカバーをリクエストされますが、中には妊婦さんの
場合もあります。
その場合は、母体、お子様への影響等を丁寧にご説明してお断り
させて頂いていますがお客様のお気持ちを察すると

「やりましょうか!...」と喉まで出かかります。

私は子供はいませんが、最近のお子様を見ているとアレルギーと
見て取れる子が多くなっているのには驚きです。多くの場合、母体
であるお母さんの体質からの影響です。

美容師はデザインを売ります。デザイン定義は問題解決です。
外見の問題解決がその方の内面の満足に結びつきます。がこの場合
お客様の意に反した応対になるわけです。納得できず、それじゃあ
自分で染めるわと言われても控えて頂けませんか?とやんわりその
危険性をお伝えしますがご理解を頂けないこともあります。染めて
キレイでいることを望んでいるわけですから。

ある美容師さんの講演で、妊婦さんにカラーをお断りした時の話を
聴きました。結果その妊婦さんは他の美容室でヘアカラーをして
その後、流産してしまったそうです。とても残念な話です。
その講演の最後に美容師さんが言いました。

「うちでやらなくて良かった」と。そういう問題ではないはずですが。

母子ともに健康な生活を送って頂くための現実と綺麗でいるための
矛盾がそこにはあります。今後、美容室はデザイン、毛髪知識だけ
ではなく医療、司法、行政、メディア等多方面からのバックアップで
成立させる面も持ち合わせてくるでしょう。

久しぶりに風邪に好かれて

しまいました(熱を上げたのは私の方ですが)。

全て放り出して休むのもたまにいいもんです。
200703242021000.jpg

ここ数日お世話になったマスクとポカリ。ポカリはスタッフが差し
入れてくれたものです。コーヒーは胃に刺激が強いからと。

なんて優しいのでしょう。

今年はインフルエンザが大流行です。私も昨夜その診察へ行ったの
ですが、おもむろに綿棒を10cm程、鼻の奥の奥へ...。
知ってます?不思議と涙が出るのは綿棒を入れた側の目だけという
ことを。
お陰で鼻がすっきりしました。

今回の風邪、看護士のお客様がそれを聞きつけて夜電話をくれて
「症状を言って!鼻水は?喉は?熱は?」
その数時間後、西区からわざわざ店までいろんな種類の薬を持って
きてくれました。

なんて愛されてるのでしょうか。

なんて。


朝礼前にサクッと

書きましょうか。
今、卒業式のセットお着付けの支度が終わりました。今朝は6時から
のスタートで5名ほぼ同時に入っていたので慌てるかな?と思いきや
シンシンと降る雪を眺めながらリラックスしながら予定通り仕上げ
ました。楽しかったです。
この後もコンスタントにご予約のお客様がご来店されます。
本日のご予約も終了致しました。有難う御座います。

リズミカルにお一人お一人とコミュニケーションをとって今日を楽しい
一日にしたいと思います。

では!

当店の桜満開です

03-09-07_1839.jpg

今週ディスプレイは桜です。

朝の掃除中スタッフの亜由美ちゃんがフロアを掃きながら「アッ」と。
本日、満開に咲きました。

日差しが眩しく洋服の上からも暖かさを感じとれる。春の訪れがもう
少しと緑の青臭い香りが鼻をかすめる。そんなゆったりした時間の
流れの中で朝の準備を進めています。

小さな気付きは心のゆとりです。

本日ご来店のお客様で本州へ転勤されることになった方がいます。
また転勤で札幌勤務となり初めてご来店のお客様もいました。
お付き合いが出来る期間はお客様のご都合ですがその一期一会を
大切にしたいと思います。

人とのお付き合い

って急に色褪せることがあるのでしょうか。
お相手の肩書きや年齢でお付き合いをすることは一切ない私に
とって今、周りにいる方々と同目線でお付き合いをさせて頂いて
本当に感謝しています。
しかし相手の自分に対する欲求の不器用な計算を垣間見てしまうと
その方がとても小さく見えてしまう場合もあります。

「結果それですか」

心の中で笑います、素直だと。

汗を流して働く姿や理想の追求に人の魅力と美学を持っているわけ
ではありませんが余裕を持って接することを望みます。

「知っている人のみ“間”を持てる」

私が兄のように慕っている友人が昔教えてくれました。YOSHIMI氏と
私が参加している「わがままクラブ」代表です(笑)。彼とは今年で20
年の付き合いになります。10歳の年齢差ですが時々、楽しいお酒と
会話を楽しみます。

本当に最近は50歳台の方々と知り合う機会が多くなりました。
私も今年いよいよ40歳。
どんな過程を経てそこへ辿り着くのでしょうか。
大きな期待と小さな不安が入り混じります。

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad