ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

人とお会いする機会が

多かった一週間です。その方々の一人に私がいつかお会いしたいと
8年前から想い続けていた尊敬する経営者の方がいます。
落ち着きの無い私のことですからお会いする機会を作って下さる
度に嬉しさと連絡の入るタイミングが良いのもありますが、30分
後には先方の事務所または待ち合わせ場所には到着します。
その日は一喝されました。
一喝するといっても誰に対しても常に謙虚さを以って接する方。
優しい口調で一言一言丁寧にコーチングのように伝えて下さいます。
対座する私に友達と言ってくださいますが、距離はまだまだ遥か遠く
少しでも近づきたいとの一心で自分をぶつけ背伸びします。そのよう
な反応が容易に私を分かり易くしているのも事実でしょう。

やはり人は鏡。そして言葉は、より鮮明に覗き見させてくれる鏡です。

冬から春にかけての

ローリング大作戦=HOM(HAND OF A MAIL、家庭訪問の略称)を11
月から1月までの期間行います。その際、お客様にお渡しする案内
広告を現在作製しています。100軒規模の訪問は以前行っていま
したが今回は“大作戦”規模が違います。目標35000軒です。
35000軒の理由は、30000軒の訪門をやっているサロンは
本州に何軒かあるようで、ならばうちはプラス5000!単純にそれ
だけです(笑)スタッフ全員でやります。経験上、ドアを開けてお話
を聞いてくださる確率は100分の1。であれば350名の方が当店を
知って下さる。そのうちカウンセリングをしてご来店予約を取る目標
を3割の100名。イチロー並みの打率目標です。広告が出来上がる
までの期間に訪問ロープレを行って準備を整えます。

自分で行動を起こして体感したものは会社の為では無く、すべて
自分のものになります。

広告は、ほぼイメージのみを謳ってきました。具体的なメニュー内容
を載せて告知したことはありません。当店HPのStyle Artの
イメージモデルも全てキャッチで、イメージに合うモデルが見つかる
まで深夜でも探し続けてきましたし、洋服、靴、アクセサリー等の
協賛、キャメラマンとの打ち合わせもスタイリスト一人一人が行って
きました。スタッフも大変だったでしょうね。撮影前日まで洋服が
決まらない、ロケーションの許可が下りない、当日雨が降ってきた
など予測できない問題もその都度起こりました。でも、必ず出来る!
その位置に立っていると不思議と何とかなってきました。決してファ
ッション誌に掲載されるような洗練された写真ではありませんが
各スタッフがお客様方をイメージして提案したいデザインを造る。
その作成までのプランを立てて行動を起こして結果を確認する。
その一連の流れを習慣化させることがその子の力になったはずです。
そうして当店も9年目を迎えようしています。

おもてなしのサービスが綺麗、安心、ワクワク、落ち着き、元気など
をお客様に感じていただけるのはそれを伝えるために行動を起こした
人間が手にすることの出来る最高の贈り物です。当店もまだまだそこ
までには及びませんがそう在るため、プレミアムフルサービスサロン
になるためを目指します。
以前流し見た本に「楽」という字について書かれていたのを思い出し
ます。楽しいを実感し続けて行うことはどんなに辛い事でも乗り越え
られて、楽というオマケも手に入れられる。しかし、楽のみを求めれ
ばそれは雲を掴むようなことでそれすら得られない。私は何人かの
輝く美容師を育てるために在るのではなくてお客様に輝いて頂ける
ためのお手伝いをする最高素敵な美容師仲間を育て導き共存できる
ようにすること、そして当店のスタッフは必ず自分の夢も掴める人
になる、そう在りたいと欲張ってしまいます。

500円のお釣り

ここまで短期間でブログを更新すると習慣化しますね!でも来月は
分かりませんが。そう、面白いもので習慣も無意識に一ヶ月で区切
ってしまいます。いけませんね。

以前、南郷の吉野家の豚丼を食べている時のお話です。吉牛は
たまに行くのですが先日の牛丼解禁日の長蛇の列に混ざるほどの
ファンではありません。
オーダーして10分後には店のドアを開けて帰られるのが唯一の
メリットでそれ以外はまるで混雑しているエレベーターの中の様な、
おなじ場所に居ても周りとの距離感を保っているようなその様子は
あまり得手ではありません。

しかし、先日行ったときのお隣で食事を済ませた中年男性の方が
お会計をする時のことです。女性の店員さんがお釣りを渡すとき
500円のお釣りを100円玉にしますか?とその方にさり気なく
聞いていました。何気ない小会話。その男性はタクシーの運転手
さんだったのですね。お釣りに使うだろうかとのさり気なく小さな
心配り。大きく大げさな感動をインパクトに変えて表現する機会より
こんな小さな暖かさで店内を明るくすることは誰にでも出来る優しさ
です。やや口角が上がる小さな気配り、心配りをテイクアウトして
頂く。心に残るというほどではないが何故か穏やかになれるさり気
なさが素敵です。

うちのお店ではお釣りは必ず新券でお渡ししています。その中で
2000円札もお渡ししています。理由は2000円札をお釣り
に使っているお店が少ないのでたまに他でそれを見たときにうちの
お店を思い出してもらいたい期待からです(笑)

胎毛筆です

200610211734000.jpg

お客様の男のお子様の髪の毛で作った筆です。“胎毛筆”と言う
らしくお子様のいらっしゃる方はご存知かと思います。1歳4ヶ月
の子で先日その筆用の髪を切るときはさすがに短くてヒヤヒヤしま
した。と言うのも通常カットするときは指に挟んでその上をハサミ
でなぞるように切るのですが如何せん5cm程しかないのと筆には
最低それ位の長さが必要との事。指で毛先を摘まんで慎重に地肌
スレスレにハサミを動かして何とかしました。スレスレを物語る
ような頭の波模様まるでアーティスティックなデザイン。本人は
いたってクール顔。その後は坊主頭に仕上げてマルコメ味噌のマル
コメくん仕様(笑)

日本や中国ではこの伝統文化があるらしく中国では千年、日本では
約300年程前からの古い習慣のようです。さすが中国!何でも千年
以上! あの男の子、成人式や結婚したときにそれを貰うのでしょう
か。自分の髪といってもお母さんのお腹にいた時の髪、改めてご両親
との深い絆を感じる機会になることは間違いありません。

訪中の報告。もう少しで終わります

中国元1元のレートは日本円で16円くらい。やや円安傾向。都市
開発のスピードと市場の活気を目の当たりにすると納得できる面も。
実際お金を使う時って百元札と十元、二十元札がポケットの中を膨ら
ますから中国が舞台の映画を見てるとお札を丸めているのは仕方が
無い。何せ1000円単位が最高額の紙幣だしすぐ使っちゃうから当たり
前なんだけど。サブカルチャーの比較で日本と中国を計ってしまい
がちだけどお金を使うときは気をつけて。私のように貧乏人ほど安い
安いの連発だから。

MY WORKS

IMG_1112.jpg

クッキングパパ風な私ですが上手く描けているようにみえますね!
松浦大先生と伊藤大先生のお二人に見守られて昨日も描いてきま
した。時々お二人のマジックハンドが私のカンバスに触れるとあれ
れっ?のような洗練されたタッチの筆使いと絶妙な色使いで仕上がり
に大きな変化とヒントを頂きます。ん~さすが!目をまるくする瞬間
ですね。唸ってしまいます。

美容師の仕事もトレーニングしてる時はそれと一緒。先輩のチェック
の一手間がまったく違う素敵なスタイルに変身します。松浦先生に
次回でこの作品もほぼ完成すると告げられて、でもそこからが自分
との勝負!いかにこの絵にいのちを吹き込むかの。見えない完成形
に知らない技法、何をどこにどのくらい何のために入れると完成する
のか。ワクワクしながらもトンネルの向こう側を想像できない自分
でした。

お客様のご出産

祝いを持って行って来ました。M8M FLOWERの小倉さんにお願いして
スパークリングワインを入れた縦長で光沢のあるFLOWER BOX。
鮮やかなピンクとブラックのカードにメッセージを入れてウキウキ
しながら病院へ車を走らせました。途中、あれっ?佐藤様ご夫妻は
お酒駄目だったっけ....。お祝いだからまあいいよね、ってこと
にして病室へ。奥様とお話した後、お子様快君と対面。私のコブシ
よりやや小さめの頭を左右に振って何かを訴えようとしているのか?
それとも目を閉じて何かに魘されているのだろうか。とにかくカワ
イイ!ほんと可愛い!モミジのような..というよりかはカレースプ
ーン大の手を開いたり閉じたり、そこに指を握ってもらおうかと一瞬
思ったが先程タバコを持っていたことに気付いて断念。タバコ臭い
かもと一瞬呼吸も止めて。
赤く上気しているお顔のまん中のぷっくりした目は閉じたまま開いて
見てみようか見まいかをためらうようにその奥から潤いのある黒目が
ほんの少しだけ覗く。目を合わせたい願いも空しくあまりここに居て
はと思いなおしてプレゼントをお渡しして病院を後にしました。当初
小倉さんに届けてもらおうと思っていましたが自分でと思い、素敵な
瞬間にめぐり合えたことに嬉しく思いました。

夢実現のため

こんな頻繁なブログ更新は暇なのがばれそうですがお客様H様から
先日お願いのメールが届きました。その内容は

「この間はお疲れのところありがとうございました。パーマはしっかり
かかっていて良い感じです。橋本さんのお仕事には全然関係のない
お願いがあります。それは もしも○○○○さんに会える機会があり
ましたらお願いしたいのです。私は中学生の時から いつか会えたら
良いなぁとずっと夢を持ってきました。これからもこの夢を持ち続け
ます。でももしもその夢が叶う事ができたら、それはとっても素敵な
出来事です。ずうずうしいお願いだと言うことは 重々承知ですが
万が一でも、もしそんな機会がありましたら連絡をお願いしたいの
です。すいません」

H様の想いを寄せているその方は北海道を代表する有名なシンガー
M氏です。ちなみに私の姉も大ファンでした。年に一度のお盆とも
なるとその方が故郷で盆踊りの太鼓を叩くので母の故郷でもある
その街に姉はよく行っていました。 以前からM氏のお話を聞いて
いましたが、彼女は30年間もずっと彼のファンで、実はデビュー
前のオーディションで歌っていた時の貴重なテープも持っていて
この度、30周年記念のラジオの公開生番組にそのテープと手紙を
送ったのがその中で紹介されたとの事、ご本人はその場に居合わせ
たようですが突然のことで放心状態になったということ。私がファン
になったミュージシャンといえば...中学生の頃からストーンズの
ミックジャガーは大好きでいつまでもあんなファンキーなオヤジで
いる生き方に憧れていました。カラオケでも時々歌いますが(笑)
そんな話はさておき、素敵なファンを持つ彼も素晴らしい方だと思い
ます。長くお付き合いすることが出来るのは常に変わらない自分を
伝え続けることとそれを見守り続ける方とのお互いの期待感や信頼
関係です。長い間、そう在り続ける素晴らしさは私の関わっている
仕事にも通ずることで常に人対人です。私もお客様であるH様から
気付かせて頂きました。今回その実現のために私も出来る限りのこと
をしたいと思います。単にいい人になりたいのではなく想いの強さが
伝わってもし夢叶って会うことが出来たら、その時の彼女はきっと
素晴らしい笑顔だろうなって...私の自己満足ですがそんなことを
想像してしまいます。

私のコーチ

石川尚子先生の美容師へ向けた第2回コーチングセミナーが17日
教育文化会館4階で13時から行われます。育成、指導などに
あたる上司と部下のコミュニケーション術からお客様対応まで幅の
ある楽しい実践向けの内容になると思います。㈱アドバンス主催です。
彼女、11月に本を出版します。既にシャルレ(アンダーウェアの
販社)の日本一売り上げを達成した旭川の社長とのインタビュー
DVDも発売されています。夢の一つ、本出版は以前から伺っていま
したがさすが!実現させています!! 

石川尚子先生も以前講演を聴いたことのある元ブリタニカの和田
裕美さんも言っている「陽転思考」現実は一つ、白黒色をつけて判断
して浮かれたり落ち込んだりしているのは自分自身、自分がより
活きる方を必ず選ぶ事、それがこの考え方。人には誰にでも弱い面は
あるけれど、それとばかり向きあっていては成長しないし前に進ま
ない、何より自分を好きになれなくなる。自分を認めてあげるのは
他人の評価ではなく唯一自分しかいない。コンプレックスに塗れた
フィルターで自分と向き合うのではなくてこれからの大きな可能性
ある自分を創るために心スッキリ、今日という日の連続の毎日を充実
させることにワクワクする。だれも助けてはくれない。「自分株式会社」
を成長させる社長、管理職、平社員は自分の中にあることに気付く。
決断、行動、計画の順番を間違わず考えだけで終わらせない。
自分は弱いのではなくただ失敗する勇気を持たない様にしているだけ
暖かい勇気を身にまとって今日を楽しもう!結束の強い仲間づくりを
しよう!そうすれば怖くない!

ロビンウィリアムズ主演の“TOYS”のワンシーンでおもちゃ工場
で働く人たちが歌う歌。
「ハイホー♪ヘイホー♪楽しく働こう!歌を口ずさんで軽いステップ
を踏んで♪楽しい工場で!楽しい仕事を!スイッチを押そう私たちの
楽しい職場♪どっちを見てもハッピーな笑顔♪」

私はいつもこれを夢見ています。

出張帰りの羽田です

札幌は日ハムで盛り上がっていそうですね。昨夜からのトンボ帰り
出張に来ていました。今日こちらでお付き合いのある美容室オーナー
さんから「情熱・熱意・執念の経営」著 永守 重信氏 を戴きました。
サブタイトルが「すぐやる!必ずやる!出来るまでやる!」で著者
が出版されている他の本タイトルもこういう分かり易いものです。
この本から学んでスピーディなレスポンスを習慣づけたいものです。
まだ読み始めていませんが目次を見ただけで濃い内容で各一ページ
完結です。これも以前戴いた本「生きがいある人生」 著 中村天風
氏に通ずる思考の分類と統合の繰り返しを謳っているようです。
最近本ネタが多いですが、この方からのご紹介でもう一冊、致知
出版社刊行の月刊誌「致知」も年間購読を始めています。
いつも人との出会いから得たものは物だけではなくて、それを通して
自分の内面を深く厚く育て軌道修正したり追い風に乗せたりと、
そのようなきっかけを頂いていることに気付きます。心から感謝
しています。

昨日は午前中留萌へ

行って夕方から絵画制作に入りました。
painting2.jpg

その夕方3時間があっという間でひたすらカンバスと向き合って
ました。何が何だか分からずただ言われるまま筆を走らせるひと時
でしたが無心になれてスッキリしました。他の方の作品を観て分から
ないなりにも油絵は繊細なタッチで重ねた色味がグラデーションに
なって立体感が出たり、タッチの強さで全く異質な表現になったりと
その組み合わせで同じ人物画を描いても全く異なる性格になるので
表現の幅は無限でしょう。本当にこれからが楽しみですし、その域
まで目指したいと思います。が、この絵があの美しい魅惑的な女性画
になるなんて想像もつきません。私の好きな画家マティス、カンディン
スキー、ホックニーなどですが、私独自の描写が出来るまでは色んな
画家や絵画に影響を受けたいとも思いました。

陰日向・・・は最後ほろっときます。そして綾に回しました。
楽しい本は独断でスタッフにプレゼントするか回し読みさせます。
ism文庫にあります!あの描写、キャストひとりひとりの個性が繊細
でリアルに描かれています。彼は書き続けると人格障害を起こして
しまうのでは、そんな心配をています(笑)そして今はNEWS WEEK
Tokyo eyeでお馴染みマイケル・ブロンコの「僕、トーキョーの味方
です」を読み始めました。親日家な彼の外視点の日本はもしかすると
私たち日本人が普段見落としている大切な何かに気付かせてくれる
かも...なんて。

上海の美容室

20061009131248.jpg

は時間を許す限り通訳の陳さん(上海在住美容室オーナー)と周りました
なるべくタクシーを使わずに綺麗な街並みやその陰にある古びた建物
を眺めながら歩いて、日本人経営者のお店を10件近くは見学でき
ました。下の写真の美容室はファッションビルに入っている所で
日本人スタッフは食事へ出かけているとのことでお話は出来ません
でした。
20061009131304.jpg

20061009131332.jpg

アポ無しでも快く対応して下さった方もいて感謝です。サロンのスタ
ッフ構成は日本人2、3割、上海人7、8割のところか一人だけ管理者と
して日本人で他全員上海人というところが主です。(中国では中国人
と言われるのを嫌い上海は上海人と言った方が良いらしいです)
サロンのお客様も在中日本人が8割位のところと現地上海人が主な
お客様というところと分かれていました。上海には日本人オーナーのお店
は20件前後あるらしくこれも推定の域で正確なところは分からない
とのこと。出店と閉店は常に早いサイクルで繰り返されているよう
ですが一昨年行った時より間違いなく増えてます。日本人の技術は
評価は高いので人気は出るようですが、現地のみで出店、営業する
プレイングマネージャー主導型の場合は良いですが支店として置く
場合は日本人スタッフの保障面(給与、休日、出帰国の費用他など)
が問題点に挙がってくるようです。

5時間は歩いてましたので通訳の陳さんはこんなに歩くのは久しぶり
と悲鳴をあげていました。私も10kg以上の荷物を入れたボストンバッ
グを担いでいましたのでかなり良い運動になりました。

下の写真は現地の方が経営されている地域のサロンです。この後
怒鳴られました(笑)言葉が通じないのは時には便利です。
20061009131345.jpg

陰日向に咲く

はもう後半にさしかかりました。私は大のチーズケーキ好きで
20cmホールを一人で食べてしまいます。その半分を過ぎて
しまった寂しさのような気分で一頁一頁だいじにに読んでます。
先日、深夜に吉牛に行ったときも読みながらいて、ちょうど
「ピンボケな私」のところで大笑いしそうになってどうして
いいか分からずおもむろに顔を片手で隠してしまいました。
偶然にでもそれを観た人はきっと変人と思ったはずです。そういう
場では読まないようにしようと誓いました。

来週から少しずつ時間を作って12月の小さな小さな個展に向けた
絵画の作成に入ります。どんなものを描けるのか楽しみです。
個展といっても何点描けるかも決めずアバウトにやっていますので
ご来店の皆様でたまたまそれを観てしまった方も夏休みの宿題を
眺めるくらいの暖かい気持ちでいて頂ければと思います。意外に
凄いかもしれませんが(笑)

中国の交通事情

20061004132726.jpg

合間のアップで訪中の報告も前後します。上海でも福州でもタクシー
を主に利用しますが、荒い運転に驚きます。
韓国も普通のタクシーはそうですよね。ちなみに私の運転の自己評価
はマナーB級テクニックトリプルA級と間違いなく過信早死タイプ。

推定人口13億、中国の昨年の死亡事故者数はなんと日本の14倍
の約10万人。一日あたり270人の方が亡くなっています。ちなみ
に自家用車の保有台数は日本の約半分の3万台。交通規則は日本
並みに厳しいらしいのですが歩行者、自転車のマナーもそこには
大きく関係しているでしょう。
20061004132804.jpg

先日ご来店されたお客様のお子様が誕生日だったので、プレゼントを
買いに一緒に近所のお菓子屋さんへ行ってきました。接客の合間で
急いでいたので車の往来のあるところを手を引いて斜め横断して
しまいました。子供を持つ方はしないでしょう。今思い出してとても
反省しています。

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad