ism-kenji

ism-kenji fellows hair works

http://www.fellows-hr.net

明日はグランドオープンです!

プレオープンの期間も終わり明日からは正式なオープンとなります。
思った以上に順調な滑り出しで皆に感謝です。
ヘッドスパ、ボディケア、居心地など当店のお客様からの評判も良く
ismスタッフ、TONEスタッフ皆んなの協力があってその評価を頂けたと思います。

メニュー内容などお客様にとってはご理解に苦しんだことがあった
のではと思いますが当店でやっているのならと信頼して下さって
ご来店して頂けたことは私も心から嬉しく思いました。
経営者としては反省すべき点多々ですが、今回もお客様に助けられ
ました。

今後もお客様の“One and Only”をご一緒に創り続けられる良きパート
ナーとなれますように皆で協力しながら頑張ります!

久しぶりにayaと撮影しました

izumi70.jpg

月曜深夜、TONEの広告掲載用PHOTOを撮りました。定期的に発刊
していたism newsのニューバージョンの創刊号でお見せしますが、
これはその一部です。モデルは当店のハウスモデル高橋さんです。
久しぶりの撮影での疲労感と眠気を心地よく感じました。
izumi63.jpg

素敵なアーティストの方と

出会いました。まずは下記アドレスからご覧になって下さい。

http://www.m8m.jp/sublims/works.html

素晴らしい作品群です。
リンクに有る当店の作品撮りでお願いしているキャメラマン
星野さんがご友人のフラワーアーティスト小倉氏をご紹介下さい
ました。

私は是非この方と作品を一緒に創りたいと思います。
いえ、創ります!

まだオファーしていませんが(笑)

電話が日中繋がりやすい

この時期にチャンスとばかりにテレアポを続けています。普段は夕方
に行いますがお盆の休日と言うこともあって昼からご自宅で休日を
過ごされている方も多いようです。今架けているのは昨年までご来店
されていた方々ですがお留守の方や番号が変更された方以外には
支店TONEのプレのインフォメーションをしています。新店舗をオープン
した際の私の恒例日課です。
 
嬉しいのは当方の名前を告げた際、トーンの高い「アラッ」と言う
笑顔を感じ取れる声が帰ってくる時です。電話の場合は一言目で
相手に対する印象が伺い取れます。現在ご来店されている、されて
いないは私にとって大きな問題では有りませんが少しホッするのも
事実です。

ご来店されていた時期に私どもへの何らかのご不満や当方の失礼な
対応が失客させているのは事実です。ですが改善を繰り返し改めて
チャンスを頂いてご来店された時、ベストを尽くした結果少しでも
お客様満足に繋がってまたお付き合いが始まればそれが何よりです。
諦めません。結構しつこいんです(笑)

お客様は新しい情報を得て知識豊富になっていきますしニーズも
多様化します。私たちは技術、接客、サービスを深めて進化すれば
良いのです。お客様に刷り込まれる新しい情報やニーズに私たちの
進化が追いついていけるように日々基本に忠実に発想を自由に楽し
んで会社づくりをしたいと思います。

明日でismもお盆休みが終わります。

明後日、皆に会えるのは久しぶりで嬉しいです。

最近頂いた本なのですが

「佐賀のがばいばぁちゃん 著者 島田洋七」を読みました。
今は漫才を辞められたのかはわかりませんがブームの時リアル
タイムで観ていた「もみじまんじゅう!」のフレーズは忘れません。
先日ある会合で美容商材メーカー社員の田中さんとお知り合いになり
その後来店された時の頂き物です。

内容はというと小さなとき親元離れて祖母の元で送った貧乏生活で
得た生活の知恵、生き方を説いています。「もみじまんじゅう」は
一年に一度待ち焦がれていた母親が訪ねて来た時にお土産に持って
きたもので、彼にとって忘れられない想い入れの深い物のようです。

私は母親から先日便箋5枚にわたる手紙を貰いました。母が手紙を
くれる時は決まって言葉に出来ない時なんです。39歳にもなって
親の深い愛情を改めて感じた内容でした。私も幼い頃母親と姉の3人
家族で4畳半一間、電球は松下幸之助さんの開発した二股ソケット、
おやつは澱粉をお湯で溶いた団子汁のようなモノの経験者です。
貧乏生活(笑)でしたが心から貧しさを感じたことは一度も有りま
せんでした。母親の頑張りのお陰です。厳しい家でしたが常に笑いと
明るい話題がありました。むしろ何もカタチの無い所からスタート
できた私はその境遇に感謝しています。

彼女に出来るなら私にも出来る!が今もパワーの源です。同様に
当社に限らず社員は社長の愛情を何らかのカタチで受けて育ちます。

これからも相互関係を深めてより皆の理想に近づけるように頑張ります。

暑中お見舞い申し上げます

20060808190044.jpg

気持ちの良い夏日が続いています。日差しが強いと景色の緑も
奥行きを感じ、空には描いたような大きな雲がくっきり見えます。
色づきの始まる秋の濃さとは一味違って照明に照らされている
ような輝きは建物の隅々まで見えている様で心地よい強さの刺激
です。

人とすれ違うときに感じますが、目線の高さよりやや下を見て歩き
ます。ずっと遠くよりはやや近い位置を見ていますので建物の上に
ある看板やオブジェ、ディスプレイは意外と見逃しがちです。
たまにバスに乗ることがあります。景色が綺麗だったり変わった
建物、今ではあまり見ないマニアックな帽子屋さんや呉服屋さんも。
でもその上にある看板やオブジェで面白いものを見つけると
まるで自分が一番最初に探しだしたかのように勝ち誇ったような
顔で「ニヤッ」としてしまいます。

ismの店内にはそんな「ニヤッ」が点在します。小さなサファリパーク
や池でボートに乗ってデートをしているカップル、鼓笛隊、猛獣の
戦いなど(全て橋本基準)いろんなシーンが見えます。見つけたお客様
のそのほころぶ表情を見ると嬉しくなります。

普段、何気ないところにそれはあります。

お客様にして差し上げるサービスは大切です。ですが今のような時代
一息つけるような心のゆとりを持てる瞬間が実は一番必要なのではと
思います。

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

橋本賢嗣

橋本賢嗣

Kenji Hashimoto

FC2Ad